排水管のつまりを解消して水漏れを直す

トイレやキッチンの水の流れがいつもより悪い、日常生活を送っていると小さな気付きがあります。その気付きは実は見逃してはいけない大きなサインであることも少なくありません。毎日きちんと使用しても排水管はつまることがあります。完全につまる前に、早めに水道 修理することが大切です。

■排水管がつまる原因

排水管がつまる原因は、使用している箇所によって異なります。まずキッチンの流し台では、食材や洗剤なども一緒に流すことが多いですが、つまりの原因となるのは油です。粘度の高い油は排水管にこびりつき、流れてきた食べ物カスや洗剤を吸着して蓄積されていきます。この積み重ねで排水管がつまってしまうのです。次にトイレです。主な原因となるのがトイレットペーパーです。また、水に溶けにくい紙や誤って落下したおもちゃなども原因となります。最後にお風呂場です。お風呂場は髪の毛、垢、洗剤カスが主な原因となります。中でも髪の毛はつまりの主な原因となるため、ネットなどで防ぐことが大切です。

■つまった時の対処法

まずキッチンの排水管がつまった時は、40から60℃のお湯を少しずつ排水管に流すことが効果的です。お湯が油をふやかして分解しやすくするからです。完全につまって水漏れを起こす前に対処しましょう。トイレがつまった時も50から60℃のお湯を流して、重曹を使用して流れやすくなったつまりをラバーカップで分解します。おもちゃなどの異物が原因の時は、専門業者に依頼します。お風呂がつまった時は、専用のブラシで髪の毛などを取り除くのが効果的です。もしくは髪の毛などを溶かす効果のある洗浄剤を使用するのもおすすめです。



■まとめ
排水管のつまりは水漏れを引き起こす原因となります。日頃からきちんと使用していても少しずつつまりは起こるため、市販されている掃除道具や洗浄剤を利用して、細目に掃除をするのが効果的です。また、キッチンやお風呂場の排水管にはネットを取り付けて、異物が流れにくい対策をするのも大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ