どこが水漏れの原因なのか排水管を調べよう

朝起きた時や外出から帰宅した際に、家の中が水浸しになっている経験をしたことがある方もいるでしょう。さまざまな要因で水漏れは起こりますが、その多くは排水管が原因となることが多いです。水漏れが起こった際は水道 工事業者に依頼することが大切ですが、業者が到着するまでに水漏れ箇所の特定をしておくと、後の作業がスムーズに運びます。

■隅々まで排水管を調べよう

水漏れ箇所を特定するためには、目視が大切です。起こしそうなキッチンやトイレ、お風呂場などの水回りを重点的に調べます。排水管は全て目視できる状態ではなく、壁などに埋まっているものもありますが、まずは確認できる範囲内に穴が開いていないか、ヒビが入っていないかを確認することが大切です。
やってしまいがちな失敗に、水の入った電化製品など排水管以外からの水漏れを勘違いするケースがあります。依頼する専門業者が異なってくるため、水漏れ箇所の特定は重要となります。



■音のサインを見逃さない

水漏れしている箇所を特定するのに大切なのが音です。水が出ていないのにチョロチョロやポタポタとした音がする時は、その音がする周辺に水漏れがあると考えます。
また、壁の中からドーンという何かがぶつかるような音がする時は、水道管が壁にぶつかっている可能性があるため、被害が拡大しないためにも専門業者に速やかに依頼することが大切です。また、排水管からゴボゴボという音がする時は、何かが詰まっている可能性があります。



■まとめ
水漏れが起こった時はまず、原因箇所の特定が大切です。目視で確認し、要因がわかった際は被害が拡大しないために応急処置を施します。目視で確認できない時は、音も重要となります。いつもとは違う異音がする周辺箇所を重点的にチェックしてみます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ